看護師さんへのお役立ち情報

看護師の年収事情

看護師の仕事は、生活リズムがバラバラで夜勤もあり仕事内容はハードだけれど、給料面では高いという話を聞いた事がありますが実際はどうなのでしょうか。
看護師の年収事情についてみてみます。


女性看護師の平均年収は、471万円。
年齢や経験年数、病院によっても違いますが、全国の病院看護師の平均金額です。


一方、一般事務OLの平均年収は300万円前後。
これも、職種、年齢、年数によって違いますが、全国の平均年収。


条件はそれぞれ違うので正確に比べる事はできませんが、平均年収だけを見てみると圧倒的に女性看護師の収入の方が高いようです。


女性看護師の年収が一般OLよりも高い理由は、看護師の仕事はハードで特殊な職業だからだと思います。


看護師は誰でもなれる職種ではなく、学生生活を厳しい看護学校で過ごし・学び、国家試験である看護師免許を取得している人だけが出来る仕事。
また、仕事も人の命を預かり、人の命を左右する仕事。それだけに仕事に対する責任も重く、体力・精神面共に必要。


だからこそ、看護師の年収は一般OLよりも高いのだと思いますが、これは女性看護師に限っての事のよう。


最近増えてきている男性看護師と一般男性の平均年収を見てみると、
男性看護師平均年収 478万円
一般男性サラリーマン平均年収 500万円前後
男性看護師から見ると、看護師の仕事は高給与な職種ではないよう。
女性看護師と一般OLのような大きな金額差はありません。


ですが、男性看護師が増えてきたのはまだ最近の話。
この先も少しずつ男性看護師が増えて行けば、女性看護師のように結婚、妊娠・出産・育児と言った事に左右されず働けることから、今は女性が多い看護師長などの役職に男性が就く事も増え給与的な面にも変化が出てくると思います。


また、現在看護師はどの病院でも不足している状態。
これから先、看護師として就職する人や復職を希望する人が増えてこれば、給与面にも大きな変化があるかもしれません。


看護師として働くという事は簡単な事ではありませんが、特に女性は給与面で条件の良い今看護師として就職、復職を考えて見てはいかがでしょうか。

IP分散型レンタルサーバー