看護師さんへのお役立ち情報

看護師として、必要とされていること。

インフルエンザが流行っている時期に夕方病院へ行くと、すごい数の患者さんが待合室に溢れています。
看護師の数は、全国的に見てもかなり不足しているようです。

どの都道府県も、看護師の普及を促進するため、いろんな事業を行っていると見たことがあります。

看護師という職業は、育児との両立は他の職種と比べても、やはり大変だと思います。


しかし、特に大した資格もない私にとっては、看護師という簡単に誰もがなれない資格をお持ちの方が、このまま職を離れるのはもったいないと思います。


子育ての間でブランクのある方は、今の医療についていけるのかどうしても不安だと思います。
これは、看護師以外の職業でも同じですよね。


でも、子育てもしながら看護師としてバリバリ働いている方もたくさんいます。

そういった方なら、子供を持つ母親の目線からでも、患者さんや患者さんの家族を支えられるのではないでしょうか。


子供がいても、看護師として病院で輝いて仕事している人と、子供がいるからと諦めてしまった人との違いはなんでしょう。


それは、転職先の求人の探し方なんです。


結婚していても、子供がいても、看護師として働くことは、勤務先の待遇次第で働きやすくも、やめたくもなります。


病院によっては、どんな事情も通用しないようなところもあれば、子育てママ看護師でも歓迎な病院、院内保育所がある病院、夜勤なしの病院など、正しい転職方法なら、ちゃんと好条件な求人が見つかるものです。


待遇がよくない病院でいつまでも勤務していても、一番さみしい思いをさせてしまうのは自分の子供です。


自分のためにも、家族のためにも子育て両立しやすい病院を探してみましょう。

IP分散型レンタルサーバー